令和元年度 読書会



 図書館では11月15日金曜日に読書会の企画として、「ビブリオバトル」を行いました。
 「ビブリオバトル」は「書評合戦」とも呼ばれるもので、発表者(バトラー)がおすすめの本の魅力を紹介し、聴衆が最も読みたいと思わせられた本が「チャンプ本」に選ばれるというものです。今回のビブリオバトルには1、2年生の図書委員を中心に、およそ40名が参加し、おすすめ本の魅力を熱く語り合いました。

 今回は特別ルールとして、発表ポスターを見せながらビブリオバトルを行いました。
 まずは小グループでの発表を行い、各グループのチャンプ本を選出しました。


 各グループのチャンプ本が出そろったところで全体の決勝戦を行いました。

 参加者はそれぞれに工夫されたポスターを作成していました。また、実際の本のページを見せたり、聴衆に問いかけをしたりするなどの工夫も行い、おすすめ本の魅力をしっかりと伝えていました。
 ビブリオバトルを通して、生徒たちは、自分の読書体験を語る楽しさや、自分だけでは手に取ろうと思わなかった本の魅力などを知る機会を得ることができました。