部活動代表者心肺蘇生法講習会



 7月12日(金)、本校武道場において、「心肺蘇生法講習会」を実施しました。岡崎消防署の方々4名に来校をお願いし、各運動部の代表者2名や保健委員の代表、総勢42名を対象に講習をしていただきました。6つのグループに分かれ、参加した生徒全員が心肺蘇生の方法を実際に、人形を使って体験しました。暑い室内での講習にもかかわらず、消防士の方々から熱心に指導をしていただき、参加した生徒達は真剣に練習に取り組みました。
 心肺蘇生法の体験後は、ケガや熱中症の対応について、本校の養護教諭から説明をしました。また、AEDの設置場所や冷却用氷の保管場所まで全員で移動し、場所を実際に確認しました。
 今後、講習会に参加した生徒は、学んだことを部活動の他の部員たちに伝達することになっています。夏休みは部活動の活動時間が長くなるため、生徒のケガや体調不良が心配されますが、この講習会によって、そのような生徒に対して、より迅速に対応できるようになったと思います。