令和3年度 沖縄修学旅行の延期

 本日、令和4年1月17日(月)は、2年生が2泊3日の沖縄修学旅行に出発するはずの日でした。先週の段階で延期を決定し、過日文書にてお知らせしたとおりです。
 沖縄県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、昨年末の12月27日は5名でした。仕事納めの12月28日は29名。「少し増えたかな、でも大丈夫だろう。」と考えておりました。年が明け、1月1日に52名。3日には130名と急増。仕事始めの4日には225名となり、第6波がやってきたと報道されました。5日に623名、6日に981名。始業式の1月7日には1414名となりました。
 年明けから修学旅行の可否を管理職、2学年主任を中心に審議し、教育委員会とも相談してまいりました。沖縄県が「まん延防止重点措置」が適用されることになったこと。公共施設(資料館等)が閉館になる可能性が出てきたこと。本校の修学旅行は「自主行動」を中心にしており、全体としての感染症対策を講じることが難しいこと。今後も沖縄県の新規感染者数の増加が予想されることなどから、中止を決定しました。
 生徒の皆さんは修学旅行を楽しみにしていたと思います。残念でなりませんが、学校としては苦渋の決断をせざるを得ませんでした。3年生になって何とか修学旅行ができるよう、旅行会社とも連携を取りながら計画をしていきます。

学校保健委員会を開催しました 

 本日12月23日(木)は、2学期終業式の日です。2学期も終了し、明日から冬休みに入ります。毎年、本校では、2学期終業式の日に「学校保健委員会」を開催しています。PTA会長をはじめ、PTAの保健体育委員の皆様とともに、学校保健について勉強します。学校医の大浜仁也先生、学校薬剤師の深津延義先生にもご出席いただきました。
 今年度の学校保健委員会のテーマは「防災」です。岡崎市役所市民安全部防災課地域防災係の係長であられます寺田有子様に「防災・減災講座~いのちを守るために~」と題してご講演いただきました。また、本校保健委員の生徒たちが9月の文化の集いで掲示発表した「防災王に俺はなる!~西高一の防災王への道~」についても、あらためて発表してくれました。

保健委員が作成した資料で、評価の高かった3点

生物の研究授業

 12月10日(金)の1限目に1年生生物の研究授業が行われました。ヒヤシンスの根の先端を使って、体細胞分裂の様子を観察する実験です。
 ここまではよくある実験ですが、これまでにないアイテムが登場します。顕微鏡で見える体細胞分裂の様子をスマートフォンを使って撮影し、その画像を拡大しながら、より深く観察するという試みです。顕微鏡のレンズにうまく合わせるときれいに写真が撮影できます。

「あいちラーニング推進事業」公開授業を行いました。 

 11月11日(木)に「あいちラーニング推進事業」公開授業を実施いたしました。助言者として、名古屋大学教育学部大学院教育発達科学研究科の柴田好章教授、愛知総合教育センター研修部企画研修室長の北野マミ子先生にお越しいただきご指導を賜りました。また、西三河地区の先生方を中心に多くの先生方に参観していただきました。研究協議の際には、様々なご意見をいただきました。誠にありがとうございました。
 本校は昨年度と本年度において、「あいちラーニング推進事業」の西三東地区研究主管校として、「主体的対話的で深い学びを推進するための取組の研究」「ICT機器を活用した授業実践」という2つの目的を達成するため『協働的な学びの中で生徒の主体性を育てる』というテーマを掲げ授業改善を推進してきました。
 コロナ禍で「協働的な学び」を推進のためのペアワークやグループワークなどを頻繁に取り入れることができず大変苦心いたしました。しかし、GIGAスクールの進展により大きな変化もありました。BYODです。本校は1人1台タブレットはありませんが、「スマホ」の活用を大胆に進めました。対面で言葉を交わすことができなければ、ロイロで意見を共有するチャレンジもしました。大きな変化の中での取組で、まだまだ試行錯誤の部分があります。これからも皆様方のご意見を賜りながら授業改善を進めてまいります。

令和3年度「大学出張講義(2年生理系)」を実施しました

2年生を対象とした大学出張講義を11月8日(月)に実施しました。本日は2年生理系4クラスの生徒が5つの講座に分かれて、受講しました。実際に大学の先生の講義を受けることにより、大学の講義がどのようなものなのかを知り、将来の進路を考えるきっかけとするために行っています。講師の先生方は次のとおりです。来週は文系を実施します。
名古屋大学 大学院工学研究科土木工学専攻 
                  准教授 中村友昭先生
名古屋工業大学 大学院工学研究科  准教授 青木 睦先生
信州大学 繊維学部先進繊維・感性工学科   
                   教授 木村裕和先生
北見工業大学 地球環境工学科     教授 南 尚嗣先生
富山県立大学 電子・情報工学科 情報システム工学講座 
                   助教 木下史也先生
※北見工業大学の南先生と富山県立大学の木下先生はオンラインで講義していただきました。 

校内授業研修を実施しました(あいちラーニング推進事業)

10月22日(金)の5・6時間目に、名古屋大学 大学院教育発達科学研究科 教授の柴田好章先生をお迎えして、校内授業研修を実施しました。来月11月11日(木)に実施する「あいちラーニング推進事業~主体的に学び続ける生徒の育成を目指して~」の研究指定校成果発表会に向けての事前研修を兼ねての開催です。国語・地歴・数学・理科・英語の5教科において研究授業を実施し、柴田先生からご指導をいただきました。
国語:山月記を題材に「しあわせとは何か」を考えました
日本史:史料の読み解きから「歴史的事実の裏付け」を探りました
世界史:既習内容を「歴史新聞」にして、振り返りを行いました
数学:「確率の導き出し方」をグループで考えました
理科:「細胞」に関するテーマについて調べたこをグループ発表しました
英語:テーマに沿った自分の意見を「プレゼンテーション」しました

PTA合同交通安全指導を実施しました

 PTAの生徒指導委員会の委員の皆さんにご協力いただき、登校時の交通安全指導を実施しました。
 この活動は年3回、PTA専門委員会の一つである生徒指導委員会と本校生徒指導部が連携をとって行うものです。本日(10月20日)は今年度第2回目です。交通安全意識の高揚とPTAの皆さんに生徒の登校時の様子を見ていただくことが目的です。